第五回 ~街歩き編①~高島平グランドデザイン センターゾーン

テーマ:「高島平の大問題 ~荒川が氾濫?、高島平グランドデザインで生まれ変わる街~」 #高島平 #高島平グランドデザイン #センターゾーン #荒川氾濫 #荒川調節池 #UDCTak高島平 ①「高島平の歴史」 荒川・新河岸川の右岸(南岸)の地区で、かつては徳丸ヶ原と呼ばれる後背湿地で、徳川幕府の天領、鷹狩場として、また幕末には高島秋帆による砲撃訓練場として使われたことで有名。昭和初期までは稲作が盛んで、都内の米生産の7割が、ここ徳丸田んぼ・赤塚田んぼから生産されていました。 その後、都市化が進む中、昭和40年代には、日本住宅公団(現 UR都市再生機構)による土地区画整理事業が始まり、昭和43年には都営地下鉄6号線(三田線)が開通、47年には、当時「東洋一のマンモス団地」と言われた高島平団地が誕生しました。 現在も、2,3丁目の団地には、8,287戸の賃貸、1,883戸の分譲、合わせて10,170戸の住宅に約16,000人、高島平全体では約50,000人が生活をしています。※ちなみに選手村の跡地に予定されている晴海フラッグは、約5,600戸の住宅が建設予定ですので、高島平団地はその約2倍。 […]

第五回「高島平の大問題~荒川が氾濫?、高島平グランドデザインで生まれ変わる街~」 ~本編トークサロン~

テーマ:「高島平の大問題 ~荒川が氾濫?、高島平グランドデザインで生まれ変わる街~」 #高島平 #高島平グランドデザイン #荒川氾濫 #荒川調節池 #UDCTak高島平 #フットレスト ①「高島平の歴史」 荒川・新河岸川の右岸(南岸)の地区で、かつては徳丸ヶ原と呼ばれる後背湿地で、徳川幕府の天領、鷹狩場として、また幕末には高島秋帆による砲撃訓練場として使われたことで有名。昭和初期までは稲作が盛んで、都内の米生産の7割が、ここ徳丸田んぼ・赤塚田んぼから生産されていました。 その後、都市化が進む中、昭和40年代には、日本住宅公団(現 UR都市再生機構)による土地区画整理事業が始まり、昭和43年には都営地下鉄6号線(三田線)が開通、47年には、当時「東洋一のマンモス団地」と言われた高島平団地が誕生しました。 現在も、2,3丁目の団地には、8,287戸の賃貸、1,883戸の分譲、合わせて10,170戸の住宅に約16,000人、高島平全体では約50,000人が生活をしています。※ちなみに選手村の跡地に予定されている晴海フラッグは、約5,600戸の住宅が建設予定ですので、高島平団地はその約2倍。 […]

第四回「板橋の教育の大問題! 」~トークサロン~

テーマ:「板橋の教育の大問題! 」 #板橋区の教育 #コミュニティスクール #GIGAスクール #学校支援地域本部 #劇団Kuma ①「コロナ禍での学校現場は?」 コロナ禍において、様々な対応を強いられた学校現場。 その時、PTA・地域そして議会は、、? ②「なぜ遅い 板橋での GIGAスクール・ICT化?」 国の進めるGIGAスクール構想。コロナの影響を受け、前倒しに。板橋での整備状況は? ③「板橋版 コミュニティスクールとは?」 令和2年度から板橋区立の小中全校で本格実施となった板橋区コミュニティスクール。その構想は今から17年程前に遡る。 学校運営に地域の方が参画する「CS委員会」と「学校支援地域本部」が協動して運営し、まさに地域の中の学校として、地域と学校とが一緒になり子供たちの健全育成のみならず、コミュニティづくりを担うプラットホームとして期待される。 板橋は予てから、地域活動が活発な土地。土曜寺小屋やあいキッズ、地域本部などの取り組みが進められてきた。今後のCSの充実こそ、コミュニティ再生のカギに・・・。 ④「児童相談所ほか」 相次ぐ児童虐待事件などが発生し児童相談所の機能 […]

第三回「再開発ってなんでこんなに時間がかかるの? 上板橋駅南口駅前地区再開発」~本編トークサロン~

テーマ 「再開発ってなんでこんなに時間がかかるの? ~上板橋駅南口駅前地区再開発~」 Q.上板橋って、どんなところ? 江戸時代初期に板橋は下板橋村と上板橋村に分割。今の日大病院入口あたりから南には大谷口、向原、小茂根、江古田あたりまで。西には、弥生町、常盤台、東新町、桜川、上板橋の下練馬(現在の練馬区北町)の手前までが、上板橋でした。 旧川越街道の上板橋宿は石神井川にかかる下頭橋付近までをいうそうですので、最寄り駅は中板橋駅になりますが、東上線開業当初には、下板橋駅の次は、上板橋駅しかありませんでした。上板橋村の役場は東新町にある安養院さんの前の桜川いこいの家があるところに置かれていました。 昭和初期の川越街道の拡張工事の際に、上板橋村の飯島弥十郎村長の屋敷の樹を残すのを条件に土地を提供したということで、道路中央に「五本けやき」が今も残っています。 そんな上板橋ですが、じつは、城北地区の一大拠点ターミナル、「下北沢」あるいは「自由が丘」のようになっていたかもしれませんでした。それは、幻の「西板線」と「啓志線」・・・ いったいどんな過去が。 Q.昭和50年代からの懸案のまちづくり? 上板 […]

第三回 ~街歩き編⑧~ 上板 幻の啓志線・東上線構内

テーマ 「再開発ってなんでこんなに時間がかかるの? ~上板橋駅南口駅前地区再開発~」 Q.上板橋って、どんなところ? 江戸時代初期に板橋は下板橋村と上板橋村に分割。今の日大病院入口あたりから南には大谷口、向原、小茂根、江古田あたりまで。西には、弥生町、常盤台、東新町、桜川、上板橋の下練馬(現在の練馬区北町)の手前までが、上板橋でした。 旧川越街道の上板橋宿は石神井川にかかる下頭橋付近までをいうそうですので、最寄り駅は中板橋駅になりますが、東上線開業当初には、下板橋駅の次は、上板橋駅しかありませんでした。上板橋村の役場は東新町にある安養院さんの前の桜川いこいの家があるところに置かれていました。 昭和初期の川越街道の拡張工事の際に、上板橋村の飯島弥十郎村長の屋敷の樹を残すのを条件に土地を提供したということで、道路中央に「五本けやき」が今も残っています。 そんな上板橋ですが、じつは、城北地区の一大拠点ターミナル、「下北沢」あるいは「自由が丘」のようになっていたかもしれませんでした。それは、幻の「西板線」と「啓志線」・・・ いったいどんな過去が。 Q.昭和50年代からの懸案のまちづくり? 上板 […]

第三回 ~街歩き編⑦~ 上板南再開発 東街区・パチンコ店

テーマ 「再開発ってなんでこんなに時間がかかるの? ~上板橋駅南口駅前地区再開発~」 Q.上板橋って、どんなところ? 江戸時代初期に板橋は下板橋村と上板橋村に分割。今の日大病院入口あたりから南には大谷口、向原、小茂根、江古田あたりまで。西には、弥生町、常盤台、東新町、桜川、上板橋の下練馬(現在の練馬区北町)の手前までが、上板橋でした。 旧川越街道の上板橋宿は石神井川にかかる下頭橋付近までをいうそうですので、最寄り駅は中板橋駅になりますが、東上線開業当初には、下板橋駅の次は、上板橋駅しかありませんでした。上板橋村の役場は東新町にある安養院さんの前の桜川いこいの家があるところに置かれていました。 昭和初期の川越街道の拡張工事の際に、上板橋村の飯島弥十郎村長の屋敷の樹を残すのを条件に土地を提供したということで、道路中央に「五本けやき」が今も残っています。 そんな上板橋ですが、じつは、城北地区の一大拠点ターミナル、「下北沢」あるいは「自由が丘」のようになっていたかもしれませんでした。それは、幻の「西板線」と「啓志線」・・・ いったいどんな過去が。 Q.昭和50年代からの懸案のまちづくり? 上板 […]

第三回 ~街歩き編⑥~ 上板南再開発 中街区

テーマ 「再開発ってなんでこんなに時間がかかるの? ~上板橋駅南口駅前地区再開発~」 Q.上板橋って、どんなところ? 江戸時代初期に板橋は下板橋村と上板橋村に分割。今の日大病院入口あたりから南には大谷口、向原、小茂根、江古田あたりまで。西には、弥生町、常盤台、東新町、桜川、上板橋の下練馬(現在の練馬区北町)の手前までが、上板橋でした。 旧川越街道の上板橋宿は石神井川にかかる下頭橋付近までをいうそうですので、最寄り駅は中板橋駅になりますが、東上線開業当初には、下板橋駅の次は、上板橋駅しかありませんでした。上板橋村の役場は東新町にある安養院さんの前の桜川いこいの家があるところに置かれていました。 昭和初期の川越街道の拡張工事の際に、上板橋村の飯島弥十郎村長の屋敷の樹を残すのを条件に土地を提供したということで、道路中央に「五本けやき」が今も残っています。 そんな上板橋ですが、じつは、城北地区の一大拠点ターミナル、「下北沢」あるいは「自由が丘」のようになっていたかもしれませんでした。それは、幻の「西板線」と「啓志線」・・・ いったいどんな過去が。 Q.昭和50年代からの懸案のまちづくり? 上板 […]

第三回 ~街歩き編⑤~ 上板南再開発 準備組合事務所

テーマ 「再開発ってなんでこんなに時間がかかるの? ~上板橋駅南口駅前地区再開発~」 Q.上板橋って、どんなところ? 江戸時代初期に板橋は下板橋村と上板橋村に分割。今の日大病院入口あたりから南には大谷口、向原、小茂根、江古田あたりまで。西には、弥生町、常盤台、東新町、桜川、上板橋の下練馬(現在の練馬区北町)の手前までが、上板橋でした。 旧川越街道の上板橋宿は石神井川にかかる下頭橋付近までをいうそうですので、最寄り駅は中板橋駅になりますが、東上線開業当初には、下板橋駅の次は、上板橋駅しかありませんでした。上板橋村の役場は東新町にある安養院さんの前の桜川いこいの家があるところに置かれていました。 昭和初期の川越街道の拡張工事の際に、上板橋村の飯島弥十郎村長の屋敷の樹を残すのを条件に土地を提供したということで、道路中央に「五本けやき」が今も残っています。 そんな上板橋ですが、じつは、城北地区の一大拠点ターミナル、「下北沢」あるいは「自由が丘」のようになっていたかもしれませんでした。それは、幻の「西板線」と「啓志線」・・・ いったいどんな過去が。 Q.昭和50年代からの懸案のまちづくり? 上板 […]