公認決定の報告と決意表明

今年七月七日に行なわれる東京都議会議員補欠選挙(板橋区選挙区)におきまして、自由民主党公認の決定を本日頂きました。 政治は信無かば立たず。信頼回復に努め、全身全霊を傾注して、#七夕決戦🎋に臨んで参る所存でございます。 決意表明 何故、再度挑戦するのか 私にとりまして、2年半前の二度連続の落選は、4年間の浪人を経て、満を持しての戦いでしたが、結果は24066票いただくも、900票足りず再度、涙を飲むことになりました。コロナ禍で思うような選挙ができなかった事も確かにありましたが、万策尽きた。やりきった思いでした。それだけに、心が完全に折れました。 『報われない努力もある』、 『届かない想いもある』、 『叶えられない夢もある』。 私は心を入れ替えて、次へ進む決心をしました。…その矢先、木下富美子氏の一件で繰り上げ当選の可能性の話が出て参りました。 後ろ髪が引かれる思いと、先に進もうとの思いの狭間におり、毎朝、ループのような悪夢で、うなされました。 支援者の皆様の中には、木下氏辞任の署名を何千も集めて頂いた方々もいらっしゃいました。有り難くて、嬉しくて、なんて […]

民間救急普及促進の意見交換のため、東京消防庁へ

民間救急普及促進の意見交換のため、東京消防庁へ「エマジェン」というサイト運営者の竹内さんと行って参りました。 エマジェンは、民間救急車・介護タクシーと患者さんをマッチングさせるサービスです。 救急車の(緊急性が低い)不適切な利用を減らし、救急車の現場到着時間の短縮化が求められています。 そのためにも、民間救急の普及は重要でありますが、そこには様々な問題点があると、竹内さんは言います。 消防庁は、悩んだりためらった時に電話する「救急相談センター(♯7119)」の利用促進をしております。そこに電話した後、緊急性の高い患者は119番。そうでない方には、東京民間救急コールセンターを紹介されます。そこから民間救急や福祉タクシーなどを紹介するというアナログなやり取りをしているというのが現状です。 ♯7119の次には、エマジェンのような、ポータルサイトに飛び、ダイレクトにマッチングするようなシステム化が必要であると感じました。 また、民間救急車と福祉タクシーの利用現状は、あまり隔てがなく、差別化するのが難しいため、コスト高になってしまう民救が普及しない状況にあります。制度の改正も必要と思いました。 […]