東京港 新視察船「東京みなと丸」乗船レポート

#東京都港湾局 の新視察船「#東京みなと丸」に、#坂本あずまお 区議さんと乗船してきました。 新視察船「東京みなと丸」 全長:35.00メートル 幅:7.78メートル 深さ:3.14メートル 満載喫水:約1.3メートル 巡航速度:13ノット 総トン数:215トン (港湾局ホームページより) 東京都の視察船事業は、東京港の役割を広報する目的で運用されています。 1983年に就航した視察船「#新東京丸」が使用されていましたが老朽化したため、この度、イタリアの#アジムットベネッティ社 製の新視察船「東京みなと丸」が就航しました。 竹芝ふ頭、レインボーブリッジ、品川ふ頭、大井コンテナふ頭、臨海副都心、東京国際クルーズターミナル、青海コンテナふ頭、お台場ライナーふ頭、豊洲新市場、オリンピック選手村、東京ゲートブリッジ、中央防波堤外側コンテナふ頭 などを東京湾から見ることが出来ます。 東京港は、東京湾の中にある日本の主要な国際貿易港(五大港)の一つ。貿易額は日本一。 しかしながら、世界のなかでは、貨物取扱量は8279万トンで、世界48位、コンテナ輸送量は475万TEUで世界28位。 東京湾中央航路 […]

ダイエー成増跡地問題 続報

ダイエー問題 #ダイエー成増店閉店 の経緯 30年経過して地主である明治安田生命さんとダイエーとの契約が切れ、更新しなかった。 昨年12月31日で閉店。 地元商店街より地主である明治安田生命さんともう一人の土地所有者さん宛に、要望書を提出。 建て替えてマンションができるにしても、低層階は商業施設にしてほしい等を要望。 明治安田生命は、たいへん真摯に対応。マンションデベともそのような条件で、売却の交渉に入る。 2月時点では、マンションデベとの交渉が良い方向に進んでいた。 しかし4月になり、新型コロナの影響で、マンション開発を断念。 今のまま、新たなテナントを入れる方針に変更。 12月15日の説明会 閉店に伴い、通電を落とした。前回(7月)の説明では、 8、9月には受電予定だった。 再受電後、テナント希望者の内覧を行う予定だった。 しかし、高圧であり老朽化も進んでおり、一回止めると想像以上に時間がかかる。 ダイエー側で設備管理はやっていたので、新たな電気業者に依頼をしているがなかなか難しいかった。 現在、電気主任技術者は決まった。止めると劣化、サビがすごく、かなりの部分で更新が必要。 本受 […]

何故、勤労感謝の日に?

#勤労感謝の日 #新嘗祭 #日本弱体化政策 11月23日(祝)です。この三連休は、たいへん穏やかな日々でした。感染拡大が心配されますが、皆さん予防対策はしっかりしつつも、経済活動も活発にして頂きたいと願っております。 さて、今日は、勤労感謝の日です。そして全国の神社では、新嘗祭が執り行われました。 新嘗祭は、宮中祭祀のひとつで、その年の五穀豊穣に感謝する、最も重要な祭事として、古代から行われております。 昨年は、平成から令和へと、御代替わりの年でした。 天皇が即位され始めて行う新嘗祭は、大嘗祭と言われ、昨年のこの日に、今上天皇により執り行われました。 では、なぜ11月23日に古代から行われている新嘗祭の日を「勤労感謝の日」にしたのではしょうか。 日本は戦争に負け、#GHQの占領下で神道の色があるものを排除する、いわゆる「#神道司令」により、このように祝日の名称も変えることになりました。 労いの気持ちであることは、まさに五穀豊穣を感謝することに通じることだとは思うものの、要するに、日本弱体化政策の一つとしての名称変更だったと思うと、本来に戻すべきと考えます。 2月11日は、元々「紀元節」 […]