阪神淡路大震災から27年

【阪神淡路大震災から27年】
人的被害
犠牲者 6,434人
負傷者 43,792人
家屋被害
全壊 104,906棟
半壊 144,274棟
全焼 7,036棟
電柱倒壊 8,100本
被害総額 約10兆円規模

亡くなった方の約9割は建物や家具の下敷きにより圧死や窒息死でした。
残りの死因のほとんどが火事によるものでした。

倒壊しない建物そして燃え広がならない町づくり。
そして電柱のない町。
これらをもっとスピード感をもって一層進めていかなければと強く思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です