コロナ対策は、まず減税から!【都議選 板橋区 河野ゆうき】

コロナ対策は、減税を!

板橋区 東京都議会議員候補 河野ゆうきです。

日々刻々と変化するコロナの状況に対して、政治側は速やかに適切な対応を取ることが必要とされています。

感染抑制・健康管理・経済再生。

すべては一貫性を持って政策を進めていかねばなりません。

1日も早くコロナ感染症収束へ、都議会議員選挙にて板橋区としての政策提言をします。

 

【コロナ収束までは減税を】

個人住民税の20%減税!

家計において自由に使えるお金(可処分所得)を増やします。

所得割を税率4%から3.2%に。 均等割を1,500円から1,200円に減額します。

試算では、年収700万円世帯で年23,900円の効果。

全体効果は約1,924億円。

必要経費は約1,700億円と見込みます。

 

事業所税の50%減税!

企業が独自の取り組みに使えるお金を増やします。

資産割額を1/2に。 従業者割額を1/2に。

これにより、工場5,000m2の製造業では150万円、従業員200名雇用の運輸業では125万円の減額となります。

効果額は約560億円。

必要経費は約500億円の見込み。

 

 

【生活・経済の再生を加速!】

医療提供体制を計画的かつ継続的に強化します。

板橋区には大規模病院が多数あり、都内でも先進的にワクチン接種が進んでいる自治体です。この地域特性を活かして医療体制を整備します。

病床の確保、宿泊療養施設の拡充、後遺症相談窓口の設置、医療従事者を支援します。

そして、自宅でガンや生活習慣病を検査できるキットの配布など、基礎疾患の早期発見に取り組みます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です