高機能×安全=都市の活力〜防災・交通・観光【都議選 板橋区 河野ゆうき】

大地の歴史と気候風土の上に、都市はある

板橋区の歴史のひとつに、武蔵野台地と荒川河川沿いの接点、北向きの急斜面で繰り広げられた人の往来があります。

遥か昔、荒川河川がまだまだ海だった頃、東京湾から船で現在の大宮氷川神社方面に向けて、人は生活拠点と信仰の場を作りながら遡上していったそうです。

板橋区の文化は、とても奥深いですね。いつか、この方面の話題についてお話ししたいと思います。

治水・氾濫対策と交通対策は別の政策なようでありますが、実は表裏一体。安全と高機能の都市を構築するためには、一貫性のある政策が必要です。

 

【災害から都民の命と生活を守る】

  • 首都直下地震への備えを急ピッチで進め、発生時の被害を最小限に抑制します。
  • 木造住宅密集地域の「延焼による消失ゼロ」を目指し、不燃化の取り組みを進めます。
  • 老朽マンションなど重要建物を耐震強化します。
  • 帰宅困難者対策や中小企業の物資の備蓄をサポートします。

 

【高機能×安全で東京の活力をアップ】

  • 三環状などの道路整備促進と開かずの踏切解消を推進し、交通ボトルネックを解消します。
  • ビッグデータを活用し、利便性の高いまちづくりと質の高いサービスを実現します。
  • 渋滞緩和や事故減少などにつながる自動運転走行システムを活用した道路づくりを進めます。

 

【世界有数の観光都市へ早期回復】

  • Wi-Fi やネット環境整備、デジタルサイネージの設置促進など観光客に優しいまちづくりを進めます。
  • 二次元コード、オンライン、クレジット決済など、店舗・売店のキャッシュレスの取り組みを支援します。
  • 多言語化やハラール対応など、宿泊施設や飲食店の国際化の取り組みを支援します。
  • 日本が誇るコンテンツや文化資源をフル活用し、外国観光客のリピーター率を向上させます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です